オールドノリタケ技術・用語解説

 
 

盛り上げサンプル

 盛り上げ

オールドノリタケを代表する技法で海外でも”MORIAGE”と表記されます。
分類すると一陳盛り上げ、ハケ盛り上げ、貼り付け盛り上げなどがあります。
特に代表的な一陳盛り上げは、粘度を整えた泥漿(水と粘土を混ぜた液体)をイッチンと呼ばれるロートの様なもので絞りだして線や点、面を効果的に使い分けて立体的な装飾を施す技法です。

金盛り金点盛りサンプル


金盛り・金点盛り(ビーディング)

金色で彩る華やかな技法です。盛り上げの技法を用いて一度焼き付けた陶磁器の表面に、薄く線や点や面の盛り上げを下地として施し、その上から金液を塗り被せて再度焼き付ける技法です。
オールドノリタケはこの金彩を広く焼きつけその上に曲線や無数の点を丹念に描き、ベースやカップ全体にこのを装飾しています。

ジュールサンプル


ジュール(エナメル盛り)

まるでジュール(宝石)の様に光沢のある不透明なピンクやブルーグリーンなどのエナメルを盛り上げの技法で施す技法です。
多くは金盛り・金点盛りで装飾された中に、更に華やかさを増す為に施され、トレーやベースの縁をレースの様に飾るものが多く見られます。

エッチングサンプル


エッチング(金腐らし)

生地の表面にコールタールを使って模様以外覆いフッ化水素で腐食させ、模様を金彩または絵の具で焼き付けると腐食させた所がつや消しされた様になり模様を浮き上がらせる効果があります。
この手法は劇薬を使う上に手間と困難さを伴うため高価で高品質なものにのみ使われました。
現在はサンドブラストがこの技法の代用となっています。

タペストリーサンプル


タペストリー

素地がまだ柔らかいうちに布を張り焼き付けてまるで油絵のキャンバスの様な雰囲気を出し絵付けを施す技法です。粗い目や細かい目などでも変化があり表面の立体感から生まれる重厚さがあります。作られた数が少なかったので希少性の高い技法です。

モールドサンプル


モールド

石膏による割型で生素地を形成することによって生地に凹凸をつくり、人物や動物、建物などの型で浮彫を強調し、その上から何色もの色を乗せたり、ぼかしたり、ふき取ってみたりしてよりリアルな絵付けを施し、まるで本物がくっついているかの様な錯覚さえ起こす様な技法です。

ラスター彩 サンプル


ラスター彩

アールデコ期の作品に多く用いられたパールの様な虹色の色彩がを施す技法です。特殊な化合物を生成して松脂で粘度を足し絵付けし焼くと独特の金属光沢が現れます。ただ、酸や洗剤、熱湯に弱いので日常使う食器類より飾り皿などで楽しむ事をおすすめします。

ポートレイトサンプル


ポートレート

転写による絵付け技法です。外国の陶磁器にも全く同じデザインがあり、おそらく明治・大正期は転写紙を輸入して作成してたと思われます。オールドノリタケでは評価の高い作品群で、女王マリールイーズや修道僧などがあり、非常に凝った装飾で飾られたものが多いです。

ウエッジウッド風サンプル


ウエッジウッド風

ウエッジウッドと言えば英国のジャスパーウェアを思い浮かべますが、オールドノリタケのウエッジウッド風は作り方が全く異なります。生地本体に白く焼きあがる泥漿(粘土)を筆などを使って直接描き、盛り上げの技法と同様にイッチンというロート状の器具を使って線や点を使って装飾を施します。細かな模様を全て手作業で描く、非常に手間のかかる技法です。ジャスパーウエアと比べて柔らかな盛り上がりが特徴です。

ぼかしサンプル


ぼかし

生地に絵付けの一部としてスプレーなどで濃い色から薄い色に絵や背景に色をつける絵付け方法です。多色のもの、金色を吹きかけたもの、大理石風のもの、マーブル模様などがあります。